teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:2/88 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

カメへ 謙ちゃんより

 投稿者:マユミ  投稿日:2009年 1月15日(木)15時46分25秒
  通報 返信・引用
  皆様へ

ケンタロウです。

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

と言っても、10日も経ち全く正月気分も無くなった今日この頃です。
皆様、お元気でいらっしゃいますか。

早速ですが、12月にお誘いした「新年会」の準備をしたいと思います。

1月24日 15時に相談室集合と考えています。

(相談室の都合も聞いていませんが、よろしいでしょうか?)
15時~17時 飲む前の「話し合い」.......どの店へ行くかの話し合いではありません
17時~「新年会」.............大人なのですから、財布と一芸を持って来て下さい

参加して頂けるかどうか、再度連絡を頂けると幸いです。
おおよその人数が分かった段階で、新年会の会場を段取りします。

話し合いについては、こんな内容が話せればと勝手に考えています。

1)40周年記念事業で、時間と労力とお金をかけて名簿を作りました。
  折角作ったこの名簿をどのように維持管理していくのか。
2)相談室・キャンプがOB・OGに求めるものは何なのか。
3)OB・OGが相談室・キャンプ対して支援したい(できる)ことは何なのか。
4)キャンプ後援会などの支援組織は作るべきか
5)その他

皆さん、ちょっと考えてきて下さいね。

現段階での私(ケンタロウ)の考えを(考え無しに)述べると。

1)名簿の維持管理

⇒①基本的には相談室で管理して貰う。

②年一回程度、メールで確認できる範囲のみ確認修正する。

③次回の記念事業(45周年?50周年)の時に再度確認する。

2)相談室・キャンプがOB・OGに求めるもの

⇒基本的にはnanachin・さるの考えを聞くことになりますが。

私が幾つかのパターンを勝手に想像すると。

①金銭的な援助(寄附)

援助の目的がハッキリしないと金額も集まらないし、永続的にはなりにくい。

40周年記念事業の参加人数からみて、OB・OGから寄附を募っても期待した額にはなりにくい。

ただし、目的をキャンプに限定した寄附を求める姿勢を表していくべきだと思う。
②キャンプへの労力支援

時間と場所が合えば、多少の時間を割くことは可能だと思う。

OB・OGが参加意義を感じ取れる内容であることが前提。

)現役のリーダー・キャンパーに負担を感じさせてはいけない。

③相談室(キャンプ)運営施策に対するアドバイス・協力

運営上の問題点が何であるかを認識しなければ始まらない。

現状の肢体不自由児協会の状況を勉強する必要がある.。

3)OB・OGが相談室・キャンプ対して支援したい(できる)こと

⇒お世話になったのだから出来ることがあれば協力したいが、具体的に思い付かない。


4)キャンプ後援会などの支援組織は作るべきか

⇒①後援会の目的がハッキリしなければ必要はない。
②重要なのは組織ではなく目的。組織を先に作ると組織を維持する活動を始めてしまう。

当日は言いたい事を言い合って、パッと飲みに行きましょう!

ところで、どんな店が良いのでしょうか?

池袋は全~く知りません!
 
 
》記事一覧表示

新着順:2/88 《前のページ | 次のページ》
/88