teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


先発ですね!

 投稿者:同期の桜  投稿日:2018年 4月22日(日)07時35分11秒
  柳田悠岐選手のサイクル安打で盛り上がった昨日の札幌ドーム、本日は、高橋礼投手が初先発ですね。期待してます!柳田悠岐選手の援護の豪快なホームランも。
森山恵佑選手、長谷川勇也選手の姿もあれば最高でしたけど。両選手も、早く1軍に上がって来て欲しいです。
野球まりえさんがオフィシャル・ブログに武道館の専大入学式の時に撮影した写真をアップしてましたが、自分の時の武道館の入学式、卒業式も想起出来て懐かしかったです。野球まりえさんに感謝です!
 
 

貧乏学生時代

 投稿者:ロマンスカーはこね  投稿日:2018年 4月 8日(日)12時57分6秒
  まず健児様へ。
ありがとうございます。ダイヤモンドの記事の件ですが、詳細を知らせていただき安心しました。経堂から徒歩8分の木造2階建て、4畳半一間で風呂なし、共同トイレの古いアパートに住んでいました。
貧乏暮らしでしたが、若い頃は頑張れるものだと思っています。
現在は愛知県下で3階建ての住宅に住んでいます。
二人の娘は独り暮らしや嫁いだりして、今は妻と二匹の猫と静かに暮らしています。

黒門様へ。
そうですか。遊園でしたか。私は代田や下北でした。
確かに冬場はコートによる着膨れでお客様を車内に押し込むのに苦労しましたね。お互いに懐かしい思い出ですよね。
小田急は、高架複々線化さて何か別の鉄道会社みたいですが、遊園の駅が当時とあまり変わっていないのが救いですよね。
70000系ロマンスカーに乗ってみたいです。
 

魂ですね!

 投稿者:同期の桜  投稿日:2018年 4月 8日(日)08時52分55秒
編集済
  「東スポ」の連載記事、島田誠さんの“ウソのような誠の話”。子供の頃の憧れの選手の一人なので、興味深く読んでます。島田誠さんの恩人、福田昌久さんは、専大野球人だったんですね。“マンツーマンで鍛えてくれた福田二軍監督”の回で、島田誠さんが福田昌久さんの経歴を紹介している箇所があり、そこで初めて分かりました。自分は、ミスターの第一次政権の初年度の打撃コーチというイメージが強すぎました。
福田昌久さんは、島田誠さんに“一人伊東キャンプ”の様な猛練習を施したんですね。素晴らしい師弟関係のお話し、面白かったです。
自分が少年時代、島田誠さんに色紙に頂いたサインに“魂”と書き添えて貰いました。現在となっては自分にとって“専大魂”の原点はそこにあった気がします。福田昌久さんから島田誠さんを通して伝承されたと勝手に感じてます。色々な所に専大人ですね。
専大在学中、講義・ゼミにほぼ全て出席した事が懐かしいです。1年次にある講義で知り合った友人が、衣笠祥雄さんの連続試合出場記録の様に全出席していたので見習わせて貰いました。その友人のお陰です。感謝です。専大の生田キャンパスライフ、楽しかったです!
 

なつかしい!

 投稿者:黒門  投稿日:2018年 4月 8日(日)00時58分27秒
  ロマンスカーはこね様の投稿中、「午前7時から小田急の駅でアルバイトをしていた。ラッシュアワーの後押しだ。」とありましたが、私もこのアルバイトを向ヶ丘遊園駅でやっていました。秋から冬にかけてやったように記憶していますが、オーバーやコートを着るとラッシュ時に電車のドアに挟まれるので、乗る際に後ろから押してドアがスムースに閉まるようにする仕事でした。
生活は決して楽ではなく、教科書や参考書などを買うためのアルバイトでしたが、今思えば楽しく輝きのある青春時代でした。
 

貧乏生活

 投稿者:健児  投稿日:2018年 4月 7日(土)21時25分21秒
  ロマンスカーはこね様
コメントありがとうございます。
そして、貧乏でも学生時代、勉強にも遊びにも打ち込み、授業前にもアルバイトに励み、親への感謝の気持ちを忘れなかったロマンスカーはこね様に敬意を表します。

誤解を与えるといけないので、週刊ダイヤモンドの記事を詳しく申し上げると専大の延滞率は233位なのですが、所謂有名大学(非主要大学と位置付けた大学関係者の皆様には申し訳ありません)では1位です。

私も貧しかった。
最悪の時期は、6畳一間のアパート。風呂なし。お湯出ない。
冬は銭湯が終わると台所で髪を洗いましたが、辛かったです(笑)

内定が決まり、入社前に会社の研修旅行(ヨーロッパ)がありました。
任意参加で、同期はたくさん参加していましたが、私はお金がなくて行けなかった。

今は都内のマンションで風呂付、冷暖房完備で快適に暮らしています(笑)
今の生活を当たり前に思っていません。
あの専大時代の苦しい思いがあったから今があると信じていますし、貧乏生活に感謝しています。
 

貧乏学生

 投稿者:ロマンスカーはこね  投稿日:2018年 4月 7日(土)15時48分26秒
  健児さんへ、皆さんへ。
母校の奨学金延滞率ワースト1番とは驚愕しました。
確かに学費は上がっています。
私が専大の学生の頃も貧乏学生は多かった。でも、みんな一生懸命学び、遊び充実した毎日を生きていた。私は月末の親からの仕送り前は特にひもじくて、ご飯にマヨネーズだけをかけて腹を満たしていた。
冷蔵庫にはタマゴ1つとして残っていなかった。ましてや、ビールなどの嗜好品は皆無。
多少裕福な先輩の下宿を訪問してささやかな手作りのおかずをご馳走になったこともあった。
でも、奨学金は借りてなかった。借金はイヤだったし、親に仕送りの前借りも言いたくなかった。田舎から東京に出してもらって、これ以上親に負担をかけたくなかったからだ。
大学へ行く前に、午前7時から小田急の駅でアルバイトをしていた。
ラッシュアワーの後押しだ。
一生懸命勉学に励んで、就職してこの恩を返さねばならないと我慢して頑張った。
あれから40年。親は元気だが、すっかり老いた。
これからは、育ててくれ、毎月欠かさず仕送りしてくれた親に本当の意味での恩返しをしなければならない。
そう思って毎日精進している。



 

恵まれない専大生に支援を!

 投稿者:健児  投稿日:2018年 4月 5日(木)22時53分12秒
  学生時代にある雑誌を見ていたら、大学生のイメージ調査が載っていました。
そこには「貧乏学生が多い大学」で専大が1位になっていました(笑)
確かに私の周りにお金持ちはいなかった。貧乏な人が多かった(笑)

一方で2013年9月のビズリーチ社の調査では、年収1000万円を稼ぐ大学ランキングで専大は堂々と26位にランクインしていました。

しかし、今週の週刊ダイヤモンドでは、奨学金延滞率ランキングで専大は主要大学でワースト1の1.8%でした。
借金をして大学に通い、社会人になって返済に窮する若者は痛々しいです。
専大の良さは庶民でも入りやすい、地方出身者も多いということでした。
それが県人会を生み、専大生の多様性を育んでいたような気がします。

最近は学費が上がって庶民が通うには厳しいのでしょうね。

専大にはスカラシップ等素晴らしい制度もありますが、成績優秀者だけでなく、普通の学生でも頑張っている学生には光が当たることを願ってやみません。
 

(無題)

 投稿者:兵庫の専大人  投稿日:2018年 4月 5日(木)15時33分57秒
  今日は、武道館で入学式でしょうか
ん十年前を思い出します。
新専大生、頑張ってください。
 

学ぶですね!

 投稿者:同期の桜  投稿日:2018年 4月 3日(火)16時40分26秒
  昨日、「日経」の“18歳プラス”面の“先輩に聞く挫折から学ぶ”のコーナー、黒田博樹さんの登場でした。専大野球部時代の説明もあり、嬉しかったです!
黒田博樹さんの“男気”、年齢を問わず学ぶ所があると思います。自分も、専大魂で精進します!
 

土曜の夜でしたね!

 投稿者:同期の桜  投稿日:2018年 4月 1日(日)07時47分45秒
  仲村トオルさんのテレ東の「名馬座」、昨年広島テレビで放送された「黒田博樹の人生ひとり旅」がBS日テレでオン・エア、そして、野球まりえさんが今シーズンも土日のMCを務める「ワールドスポーツMLB」があった“土曜の夜”でしたね!昨日は。何れも専大人を視られる楽しい番組であり、インスパイアされる所が有りました。
長谷川勇也選手、森山恵佑選手選手はそれぞれウェスタン、イースタンでマルチ安打。高橋礼投手の登板も有りましたね。専大野球人の活躍を早く1軍で視たいです!
生田キャンパスの食堂の話題から、小田急沿線まで拡げたエピソード、どうも有難うございます。専大生田キャンパスと同じエリアで生まれ、小田急沿線に愛着がある自分にとっても、興味深いお話しでした。
 

村さ来

 投稿者:ロマンスカーはこね  投稿日:2018年 3月31日(土)18時25分2秒
  嗚呼、専修大学様。
そうでした、居酒屋は「村さ来」でしたね。
私も同級生、先輩、バイトの仲間を含めると、八幡、代田、梅が丘、経堂、船橋、祖師谷、喜多見、狛江、遊園、生田、ランド、町田に下宿しており、乗り降りしましたよ。親しい同輩が居た喜多見の「なるみ軒」は良く行きました。
あと、歌舞伎町のコマ劇。その前の噴水池。私も洗礼を受けました。そのコマ劇も無くなってしまい、さびしい限りです。バイトですが、私、実は小田急でやっておりました。
そうです、駅務です。主にラッシュ時の押し屋です。代田駅で朝7時から8時半時まで働いて、電車に飛び乗って1限の授業にギリギリ?遅刻でした。土日のデイタイムは下北の改札業務や夜のラッシュ時はホームの列車監視もやりました。
東都リーグ優勝時は京王デパートの屋上ビアガーデンで祝杯を挙げた記憶がありますが、春季リーグだったと思いますが・・・・。
とにかく、全てがとっても懐かしい思い出ばかりですね。
では。
 

語り明かせば、下宿屋の。

 投稿者:嗚呼、専修大学。  投稿日:2018年 3月31日(土)15時01分0秒
編集済
  ロマンスカーはこね様。
セイシュンの味、お酒、お店、友との語らいが
まるで昨日のことの様に思い出され、有難うございます。

小田急線の代々木から新百合ヶ丘の間、各駅は、知り合いのアパート、下宿あり、大抵は乗り降りしています。
ワンルームマンションなども出来始めて、経堂に住んでいた、ゼミの友達の部屋を訪れた記憶があります。
経堂の村さ来は、わたしもコンパなどで入ったことありますが、大概は真っ先にトイレへ駆け込み嘔吐してしまう者でした。喜多見の先輩のアパートへ遊びに行くと、近くの
スナックへ繰り出し、あたりめやオニオンスライスなどのツマミでオールドの水割りなど飲んだりもしてました。
そういえば、二日酔いの朝、祖師ヶ谷駅の箱根そばの「冷したぬき」美味しゅうござました。

サーファーカットでトレイナーをはおり、ディーバッグを
肩に掛ける出で立ち。
日刊アルバイトニュースでバイトも色々経験しました。

三年生の秋に、東都リーグで野球部が優勝した時は、
正に美酒と歓喜。新宿歌舞伎町、コマ劇場の上にあった
セントラルパークという大きなお店は、専大生、OBで
溢れかえっていました。噴水に投げ込まれびしょ濡れも、
晩秋の夜更けでも寒くなかったです。

専大時代の思い出は、限りがありません。

 

東秀の餃子

 投稿者:ロマンスカーはこね  投稿日:2018年 3月31日(土)13時45分14秒
  嗚呼、専修大学様。校友の皆様。
追伸です。
東秀、と言えば経堂の農大通にあった中華屋ですよね。私の下宿は駅の北、すずらん通側でしたが、部活の2年先輩が農大通側に下宿していたので、よくその店でおごってもらいました。
非常に懐かしいです。お店があるなら、また食べたい良い味でした。
居酒屋は、経堂の「むらさき」、下北の「太郎丸」へ同輩先輩たちとよく呑みにいきました。
この掲示板に参加されている校友の方も行かていると思いますよ。
いづれの店も一人1200円から1500円で結構呑めました。
懐かしい話は尽きませんね。
 

民衆食堂

 投稿者:ロマンスカーはこね  投稿日:2018年 3月31日(土)12時54分39秒
  嗚呼、専修大学様。校友の皆様。
私は1978年4月に専修大学の黒門をたたきました。40年も経ってしまいました。
あなたとほぼ同期だと思います。
あの、心臓破りの坂。懐かしいですね。確かに若い頃は何とも思いませんでしたが、アラ還の今登ったら、文字通り脈拍が上がって心臓が大変なことになるでしょうね。
坂の途中にあった定食屋は「民衆食堂」でしたよ。
私は1年生のとき食堂の2階がアパートになっていてその一室に下宿していました。
その食堂のオーナーが大家さんで、一日二食食べて家賃、光熱費、食費込みで年間60万円でした。下宿人は男性8人で明治大工学部の子が一人で残りは専大生でした。
学生はご飯が食べ放題で、特に体育会系の学生たちで賑わっていました。
その下宿は1年生しか入れなくて、2年生からは経堂へ引越ししました。
一度しかない学生時代。青春の楽しかった思い出を専修大学で作ることが出来て本当に幸せだったと思っています。専修大学で学んだことを誇りに思っています。本当にいい大学です。
これからも益々発展して欲しいと心から思っています。

 

あっぱれ!専修大学商学部

 投稿者:健児  投稿日:2018年 3月29日(木)23時10分39秒
  今年も専修大学出身の社長が続々と生まれています。
この1年で日本経済新聞に掲載された大手企業「ユニリーバ」「積和不動産」「クリナップ」「協和医科器械」これらの社長は皆商学部出身です。

この3年間で2度ベスト10入りを果たした公認会計士合格者も商学部出身者が多数。

2年連続世界学生囲碁選手権で優勝した大関さんも商学部生。
今や伝説となった男気-黒田投手も!

あっぱれ!専修大学商学部です。

偏差値ヒエラルキーでいろいろ言われた商学部生やOBこそ、専大の名門復活に一番貢献しているのかもしれません。

神田移転で一層の発展が期待されます。
 

あの時代、あの風景、心臓破りの坂、その先で。

 投稿者:嗚呼、専修大学。  投稿日:2018年 3月28日(水)18時51分0秒
編集済
  専大までの「通学路」は、大抵の平日は往路も復路も
学生達の往来が途切れませんでしたよね。
いつの日だったか、高校の友人が、日大商学部で
近く(彼は下北沢で下宿)なので、生田キャンパスへ
連れて来た帰り道、昼半ばで帰る我が方と、登る学生群の
交錯で、当方が挨拶交わす人数の多さを、彼は誉めて?くれました。「心臓破り」は、あの時代、あの若さなら、
これくらいの坂道でへこたれるか、の気持ちですが、
この歳になって、登ったら、血圧高めの体には、正に
文字通りのキツい(心臓破り)坂道なのでしょう。

ロマンスカーはこね様、
同じ頃の専大の空気を吸っていた方と存じますが、
感想ありがとうございます。

幾千、幾万の「青春」の足跡。

あの生田キャンパスで過ごした日々の思い出は
幾つになっても忘れません。

心臓破りの坂を下りる途中の道脇にあった
定食屋の「ホルモン野菜炒め定食」を、かの日大商学部の
友人は、美味い美味いと、お代わり二皿平らげました。

友人は、下北沢駅前の餃子の王将、餃子平らげ個数ランキングに挑戦するほどの大食漢ではありませんでしたが、青春の胃袋、旺盛でした。

そういえば、ぜミの女子で、「東秀の餃子」食べて来たからと、たまたま出くわした当方の顔面に、吐息を吹きかけた彼女、元気かな。






 

薄いカツ

 投稿者:ロマンスカーはこね  投稿日:2018年 3月28日(水)10時54分14秒
  嗚呼、専修大学さん。
三号館下の薄暗い食堂。懐かしい。懐かしすぎて涙が出てくる。
昼前に351教室で講義があった時によくいきましたよ。食堂館や生田会館まで行くのが面倒で・・・。私はカツ丼を好んで食べてましたよ。確か280円だったかなぁ。
その3号館も震災の影響で取り壊されてしまい、あの美しいアークの屋根や地下の食堂も思い出に残るのみになってしまいました。40年前が残るのは、生田会館、4・5号館、図書館、食堂館だけでしょうか。正門の専修大学のロゴも変わってしまいましたし。
色々変わってしまって、何か、寂しい気がするのは私だけではないと思っています。
変わったと言えば、小田急も。下北から登戸まで高架や地下の複々線が完成し、車両も激変して何か別の鉄道会社みたいです。ただ、遊園の駅舎は当時のままのようなので、ほっとしています。皆さんはどんな思いでしょうか?
 

三号館下食堂の薄いトンカツ定食。

 投稿者:嗚呼、専修大学。  投稿日:2018年 3月27日(火)19時30分59秒
編集済
  最後の晩餐は?と言われれば、
果たしてあの薄い豚カツと豚汁の定食を所望します。

九州食堂のカツカレーや、生田会館のそぼろ丼、
浪人中の武蔵高等予備校近くのモナという洋食屋さんのカツカレーも美味しかった、けど
還暦近くの「舌」が、あの青春時代の味を
どうとらえるのか?試してみたいもの。

薄暗い三号館下、併しトレイを
しっかり持って外へ出れば、生田緑地の
大パノラマが視界に広がった。
 

氏ですね!

 投稿者:同期の桜  投稿日:2018年 3月27日(火)16時23分46秒
  山中慎介さんの引退会見の「日刊スポーツ」の記事、興味深く読みました!山中慎介氏、と記事中に“氏”という敬称が付いていて、山中慎介さんの引退を実感しました。
“記者の目”という解説記事もありましたが、“神の左”をデータ面で視るとやはり凄いですね。パンチの9割以上がストレート系ですか。「歴代の王者の中でもトップクラスの引き出しの少なさ」という様なご本人のコメントもありましたが、あらゆる世界に通じる“基本の大切”さを教えて貰った気がします。現役時代、5年9カ月世界に君臨していた時間、夢を与えて下さった事に感謝です!「何事にもチャレンジして行く。」とも仰ってましたが、専大時代の詳しいお話しも聴いてみたいです。
高橋礼投手、二軍スタートですね。森山恵佑選手にも、もっとチャンスを与えて貰いたかったです。二人の選手の“専大対決”を早く1軍で視たいです!
生田キャンパスの食堂の情報、どうも有難うございました。自分も三号館下の食堂、懐かしいです。モリナガも有りましたね。それぞれ量も多く安価で、助かりました。また、専大の食堂で食事したいです。
 

豈図らずんや、九段下専大タワ-誕生!

 投稿者:嗚呼、専修大学。  投稿日:2018年 3月26日(月)20時03分47秒
編集済
  周りには多くの大学卒業生がいます。
ただ、昔ほど(歳のせいか)大学ネタで盛り上がる
場面ありませんが、たまたま、本日は隣席の早稲田卒の
所へ若手が、ネットニュースで、早慶の今昔競争の話を
しに参ってましたので、やや当方の耳もそちら向き。
○年位迄は、早稲田が慶応の上だけど、
ここ○年は慶應上位だよ、とか。

その辺りの話題は、どうでも良いのですが
唐突に「東京五輪の年には、九段下に17階建ての専大新校舎誕生するよ、新学部や商学部が来るよ」と
当方声あげるに、両者目を合わせ、そうなんですかと。

専大が都心回帰するんですね、聞けば中央も戻ってくるとか、明治は昔のキャンパスに威厳趣きあったけど、高層キャンパス出来て志願者急伸したね、とか。
九段下駅からの二階建ての古いビルが思い出とも。

たわいもない職場でのヒトコマではありますが、
専大、九段下新校舎のことは、思ったほど世間には
喧伝されていないのか。

ならば、東京五輪へ向け、都心の動きが
否応なく活発になる今、もっと母校の開発拠点を
アピールしてもよいのでは、と思った次第です。

創立100年入学生は、
高齢化社会の予測はゼミで勉強しましたが、
神田に第二の専大タワーがそびえるとは夢にだに
できませんでした。時代の波を越えて、専大ここに在り。
 

レンタル掲示板
/130