teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


裏磐梯

 投稿者:熊太郎  投稿日:2017年 9月29日(金)06時06分28秒
返信・引用 編集済
  27日機会があり裏磐梯に、前回から暫らく間があったが、思い出しながら散策したが、浄土平付近の木々は早くも紅葉していて綺麗、時間つぶしに桧原湖で湖上遊覧を、別の磐梯山を見ることが出来た。

   写真1.吾妻小富士火口付近  2.桧原湖モーターボート乗り場  3.湖上からの磐梯山
 
 

仙丈ヶ岳・2日目

 投稿者:YOUKO(穂高倶楽部)  投稿日:2017年 9月27日(水)22時35分1秒
返信・引用 編集済
  9月24日(月)ガスのち快晴

5時朝食・・・6時ガスの中出発する。
尾根に出た所で、雷鳥が・・・尾根にも2匹・・・本当にラッキー。
仙丈ヶ岳に雷鳥居るが、中々見れないと聞いていたのに・・・。
山頂には、30分位で着く・・・早・・・。
1時30分のバスしか無いので、山頂で時間調整。
360度の展望を堪能する。
北アルプス・中央アルプス・南アルプス・八ヶ岳・御嶽山・白山・鳳凰三山・北岳・間ノ岳・甲斐駒ケ岳等。
私が見たかった、富士山・北岳・間ノ岳が並んで見える景色、最初雲が・・・段々見えて来た時は興奮する。
ワン・ツー・スリーが現実に・・・目の前に見る事が出来て、本当に幸せ・・・。
カールも二つ見れて良かったぁ~・・・此処のカールは、独特で土手になっているのが、ハッキリ分かる。
小仙丈ヶ岳の登りは、スリル満点の岩場・・・無事通過。
山頂からは、甲斐駒ケ岳が目の前に・・・先生達は、山頂間近との事・・・9時下山開始。
最高の天気に恵まれた連休で、登る人の多い事・・・下山するのが大変でしたぁ~!
時間かけて、下山するが11時半到着・・・1時半まで時間有りすぎる。
ラッキーな事に、バスが増発・・・直ぐ乗って、広河原に・・・タクシーに乗り継いで芦安に・・・1時40分バス停に到着。
食事して、入浴タイム・・・風呂上がりの一杯、生ビールで乾杯・・・。
先生達も、3時半到着。
土浦には、10時半到着・・・ホー!
 

仙丈ヶ岳・1日目

 投稿者:YOUKO(穂高倶楽部)  投稿日:2017年 9月27日(水)22時31分50秒
返信・引用 編集済
  9月23日(土)晴れ時々ガス

平成18年9月23日に一度登っている。11年前に・・・。
今回は、早出で芦安バス停に・・・8時30分到着。
ジャンボタクシーに乗換て、1時間移動・・・広河原に到着。
北沢峠行きのバスに乗り換えて、25分で到着・・・北沢峠に・・・。
此処まで来る間に、疲れる・・・。
10時出発・・・藪沢コースを・・・太平山荘の前の庭に、タカネビランジとリンドウが見頃・・・ラッキー。
前回同じコースを登ったのだが、記憶無し。
最初は、楽勝、途中からかなりの急坂に段差が・・・沢沿いは、歩きずらい・・・。
藪沢分岐に着いた時は、ホットする。
馬ノ背ヒュッテまでは、紅葉が綺麗・・・小仙丈ヶ岳が目の前に・・・。
ヒュッテで休憩して、仙丈小屋目指す・・・ダイコンソウ・ナナカマドの紅葉が綺麗!
特に、ウラシマツヅジは、真っ赤な紅葉で目立ってましたよ~!
3時に小屋無事到着・・・ホットする。
小屋は、南アルプスでは、綺麗な方・食事も美味しかったぁ~し・・・。
夜は、満天の星・・・7時半消灯・・・早!
小屋の中は、真っ暗・・・トイレに行くには、一回外に出る為、怖!
7時半過ぎに眠るが、10時半に目が覚める・・・。
 

蔵王のお釜と温泉に

 投稿者:熊太郎  投稿日:2017年 9月22日(金)12時32分15秒
返信・引用 編集済
   台風が過ぎた19日家族が蔵王のお釜を見たいと言うので出かけて来た。天気に恵まれたけどお釜の近くは風が強く、気温も8度と寒く手がカジカンでしまうほど。

 その後遠刈田温泉で足湯に浸かったり、コケシ博物館を見学したりして時間を過ごす。泊まりは白石市の山の中にある鎌先温泉に、5軒ほどの小さな温泉地だが、600年以上の昔里人が水を探して、鎌の先で岩や草木

の根元を掻き分けたところ、白煙が立ち昇り温泉を発見、この故事にちなみ温泉の名にしたとか、温泉は傷に鎌先と言われるほど、奥州の薬湯として名を馳せている。ここの最上屋で世話になったのだが、寛政元年創業

の老舗で、風格ある純和風の二階建の木造建築で、日本秘湯の会員にもなっている。次の日少し離れた所の山奥に市営の岩風呂があると言うので行く事に、白石川沿いにひっそりと小屋が建ち、入浴料200円を払っての

入浴、3方岩をくり貫いたもので中を仕切って女風呂に、ここ小原温泉は目に小原と言われ、人々に親しまれているらしい。旅館ホテル合せて3軒の小さな温泉であるが、騒音を離れ一人静かにもの思いに耽るに最適

かも。

    写真 1.蔵王のお釜  2.鎌先温泉の最上屋  3.小原温泉の岩風呂 かつらの湯舎
 

半月山

 投稿者:YOUKO(穂高倶楽部)  投稿日:2017年 9月13日(水)13時48分22秒
返信・引用
  9月9日(土)晴れ
日光に・・・中禅寺湖を見ながら、第一駐車場に・・・上から中禅寺湖を眺める。
此処から歩くコースの人達と別れ、第二駐車場に・・・半月山目指して・・・笹の登山道を登る・・・思ったより急坂・・・展望台に・・・男体山は頭の上の雲が取れず、イマイチ・・・。
戦場ヶ原は、草紅葉かもねぇ~・・・少し色づいて見えたぁ~!
休憩して、半月山目指す・・・第一駐車場からの人と合流して、山頂で記念写真を・・・。
展望台でも、もう一枚・・・中禅寺湖目指して下山・・・思ったより急坂・・・半月峠からは、森林浴を楽しみながら下山。
湖畔の見晴らしの良い所で、昼食タイム・・・立見観音まで、湖畔脇を歩く。
カツラの木が多かったが、まだ匂わない・・・残念・・・甘い香りが紅葉の時に匂います~よ!
やしおの湯に浸かり、久し振りの生ビール・・・旨かったぁ~!
5時半に土浦に到着・・・早。
 

北アルプス・双六~雲ノ平~高天原の秘湯~雲ノ平~双六~新穂高

 投稿者:YOUKO(穂高倶楽部)  投稿日:2017年 9月13日(水)12時17分36秒
返信・引用 編集済
  9月2日(土)晴れ
6時茨城出発・・・8時間で新穂高無料駐車場に着・・・。
わさび平小屋まで・・・。
風呂有りラッキー。シャンプ・石鹸使用可。
9月3日(日)晴れ・ガス
6時出発・・・鏡平目指して・・・穂高連峰は、ガスの中見えたり隠れたり・・・槍ヶ岳は姿見えず・・・残念!
鏡池は、ガスで山並み見えず・・・残念でした。
鏡平山荘で、コーヒーフロートを・・・美味しかったぁ~!
北アルプスは、食べたり飲んだりが町並みで凄いねぇ~!かき氷も有りました。
一服して、双六小屋まで・・・。
長野側は、ガス・・・富山・岐阜側は、晴れ・・・不思議!
鷲羽岳・水晶岳・黒部五郎岳の展望は最高・・・西鎌尾根の先の槍ヶ岳は、一日姿見せず・・・残念。
明日に期待を・・・夜中満天の星・・・綺麗!
9月4日(月)快晴
6時前に双六岳目指して、直登コースでもう一度見たい、天空の滑走路を目指す。
360度の展望・天空の滑走路・・・最高に至福の時・・・動きだしたくないよ~!
三俣蓮華岳は、三県またがっている為、三つも三角点が・・・!
三俣山荘で、水補充して、雲ノ平目指して下る・・・途中会った人が、熊に会ったとの事・・・ビビル・・・怖いょ~!
黒部源流の標識の前で、昼食・・・食べてる気がしない・・・熊が出てきたらと思うと・・・。
ゆっくりは、危険・・・二度源流を渡る・・・水嵩無くて良かったぁ~!
今度は、凄い急登・・・キツイ・・・やっと平らに・・・夢に見ていた雲ノ平に・・・日本庭園に・・・。
木道は辛い・・・スイス庭園見学・・・やっと雲ノ平山荘に到着・・・熊に遭遇しなくて良かったぁ~!
綺麗な山小屋・・・メルヘンチックな山小屋。
夜中に見た星空・・・凄く綺麗。
9月5日(火)快晴
今日は、秘湯目指して高天原に・・・。
登山道は、急坂の下り・・・ハシゴ3ヶ所・・・高天原峠でやっとホットする。
高天原までは、キヌガサソウの群落だらけ・・・こんなに沢山見たのは、初めて。色々有ったが、無事高天原山荘に到着・・・300円の入浴料を支払って秘湯の露天風呂に・・・20分かかる・・・女湯は、囲ってある露天風呂利用・・・独り占め・・・3日ぶりの入浴タイム・・・やっぱり風呂は良いねぇ~!
又、同じ登山道を帰る・・・帰りは急な登り。雲ノ平が見えた時は、ホットする。
途中の動き岩に・・・360度の展望・・・岩の上の指定席は最高の贈り物。
アルプス庭園とアラスカ庭園は、膝痛し・・・諦めました。
9月6日(水)大雨
大雨の中出発・・・直に雷鳥に遭遇・・・これで全て目標達成。
一番心配していた黒部源流に・・・凄い増水・流も早し・・・命あっての人生・・・ロープをつかまって、渡る・・・登山靴中は、水浸し・・・生きた心地なし・・・怖かったぁ~!
三俣山荘で、ラーメンをと思ったら無し、カレーを・・・。
ストーブで体を温めて、双六山荘に・・・2時到着・・・全てビショビショ・・・此処で泊まる事に。
ケーキ―セットを・・・無事でよかったぁ~!
9月7日(木)大雨
6時15分出発・・・鏡平山荘までは、風に気を付けて・・・わさび平山荘までは、大水・・・登山道は、沢の側・・・何回も沢渡り・・・生きた心地無し・・・音も凄い・・・わさび平山荘でラーメン食べてホットする。
新穂高に着いた時は、疲れ果てていたぁ~!
沢渡で、お風呂にはいて、髪洗うが泡立たず・・・。
5泊6日の山行きは、初めてで最後・・・行きはよいよい、帰りは怖い・・・山行きでしたぁ~!
 

福島 二岐山

 投稿者:熊太郎  投稿日:2017年 9月 4日(月)09時49分41秒
返信・引用 編集済
    台風一過冷涼な風の中二岐山へ、土浦を少し早めに出て二岐温泉に向かう。ここから御鍋林道を1時間歩いて御鍋神社登山口に、準備を整えて登り始めるが、思ったより急な八丁坂を登ると、見事なブナ林が続く、こ

こが日本で初めての自然保護発祥の地で、爽やかな風が吹きぬける。その先泥濘があったりで歩き難い、山頂に近づくとまた急坂で息が切れる。山頂は狭いが眺望は最高だ、遠くに那須連山の旭岳、近くには猪苗代湖や

白い風力発電の鉄塔が並ぶ風景だ。ここ二岐山(男山)で昼食を済ませ女岳に、女岳は道脇に標識あるだけで視界が悪い。ここからの帰路は悪名高い地獄坂で45分、名のとおり急で木の根があったりして気が抜けない。

滑ったり尻餅をついたりして予想以上に大変だ、ようやく林道に出てまた1時間歩き県道に出て、バスで二岐温泉まで逆戻り、ふじや旅館で湯に浸たり汗を流してスッキリ、何時ものように風呂を出てビールで喉を潤し

て帰途のバスに。ここ二岐温泉は山の中のその奥中だが、泉質は硫酸塩泉で珍しく、効能は脳溢血や脳梗塞、切り傷の湯と言われている、静寂な場所なので知られざる温泉の一つだとか。

 ちなみに今回の歩数約 17.000歩、消費カロリー約 2.800kcal でした。お世話になりました。

     写真 1.御鍋神社登山口  2.山頂で昼食タイム  3.皆で一枚 よく撮れました
 

①コース・谷川岳②コース・一ノ倉沢ハイキング

 投稿者:YOUKO(穂高倶楽部)  投稿日:2017年 8月24日(木)21時31分52秒
返信・引用 編集済
  8月20日(日)ガス・曇り
②コース
JR土合駅より歩きだす(8:10)思っていた通り舗装道路を・・・歩く。
土合橋の所が、新道の入口でウロウロしていたら、ラフティング関係者が飛んで来て、新道は沢が崩れていて危険だと教えて戴く(日本語の上手な外人さん)。
危険を避けて、帰り道に使う予定を変更する。
同じ道の往復に変更に・・・。
ロープウェイを通り過ごして、谷川岳山岳資料館の前のベンチで、一服。
其処の関係者に、もう一回ハイキングコースの確認をすると、昨日の雨で川が増水していて、飛び石の橋は危険との事で新道は、諦める事に再度確認して、一ノ倉沢を目指す・・・。
ハイキングコースは、一ノ倉沢までは、舗装で膝に良くない。
雨が多いせいか、キノコの群生が・・・。
花は、ソバナが所々に咲いていて、綺麗でした。
ゆっくり歩いても、たいした距離で無い為、11時には、一ノ倉沢に到着。
ガスで上の方が見えなくて、迫力なし(個人で前回来た時は感動したが)残念。
時間が沢山有るので、幽ノ沢出合まで足を伸ばすが、良い所なし。
オニユリが目立たない所に咲いていただけ。
もう少し足を伸ばせば良かったかなぁ~?
ユータンして、一ノ倉沢まで引き返すと、霧雨でベンチに座れないので、途中のベンチまで帰って、昼食タイム・・・此の時谷川岳に登った人達は、肩の小屋で雨宿りしていてまだ頂上まで行って無いとの事。
山岳資料館で時間つぶし(山の日の記念バッジ貰う)して、ロープウェイの駅でコーヒータイム(皆で大笑いして時間つぶす)。
谷川岳コースの人達3時半過ぎ下山。
入浴して帰る・・・。
今回の収穫は、山ブドウを沢山見れて良かったぁ~!
秋が楽しみ・・・。
 

常陽リビングに!

 投稿者:YOUKO(穂高倶楽部)  投稿日:2017年 8月 9日(水)09時13分38秒
返信・引用 編集済
  9月5日(土)の常陽リビングに穂高倶楽部の事が記載されました。
写真は、白馬岳~雪倉岳~朝日岳の時の縦走です。
白馬岳から雪倉岳の間です。
 

穂高倶楽部20周年登山・穂高岳山荘~涸沢ヒュッテ~徳沢~明神池~上高地

 投稿者:YOUKO(穂高倶楽部)  投稿日:2017年 8月 6日(日)19時42分40秒
返信・引用 編集済
  8月1日(火)曇り
3日目
穂高岳山荘・朝食(5時)・・・5時50分出発・・・縦走コースより下山。
ザイデングラードの下山は、歩きずらい。
ヒュッテで合流して、パノラマバックに記念写真を・・・。
縦走コースより下山、途中本谷橋までが長くて休憩中、先生達グループに抜かれてしまう。
本谷橋からは、一緒に下山。
徳沢で、昼食タイム・・・カレーを・・・旨いねぇ~!
あとは、上高地まで歩くのみ・・・明神で穂高神社に・・・お守りを(足腰)。
上高地までは、長いねぇ~。
最後には、足が思う様に動かない。
かっぱ橋が見えた時は、ホットする。
上高地で、涸沢コースの人達と合流。
1時間半前に着いたので、余裕でお土産を・・・。
時間無く、断念。
足パンパン・・・翌日は、水分が抜ける為、何回もトイレに・・・。
体重1kg減・・・3日間良く歩きましたぁ~!
最高の山行きに成りましたぁ~よ!
穂高倶楽部20周年万歳だぁ~!
 

レンタル掲示板
/70